・法律相談料

・相談の際に必要なもの

 

 詳細は下記をクリック↓↓↓

 

後藤東京多摩HP

 

↓↓詳細は下記をクリック↓↓

 

  

後藤東京多摩法律事務所

■メインHP■(採用情報等)

http://tokyotama.com/

後藤東京多摩法律事務所

■相続HP■

http://www.tokyotama-lawfirm.com/   

後藤東京多摩法律事務所

■中小企業

 ベンチャー企業支援HP■

http://tokyotama-lawfirm-corp.jimdo.com/

 

TOPICS

離婚したい

とにかくまずは別れたい

婚姻生活は、日々の生活の基本です。

「暴力」「DV」のように生命身体の危険が差し迫っている場合はもちろんのこと、

些細なことでも、積もりに積もって婚姻生活がうまくいかなくなると、

仕事に影響が出たり、精神的にもおかしくなってきてしまいます。

 

しかし、離婚の一歩を踏み出すには

多大な勇気・思い切り・エネルギーが必要です。

「子供はどうなる」

「親や周りからはなんて言われる」

「家は・・・」「仕事は・・・・・・・・」「生活は・・・・・・・・・・・・・・・・・」

いろいろ考えるだけで疲れて、結局、何もできない。

だけど、「やっぱり一緒には暮らせない」と、同じことの繰り返し。

 

離婚は非日常であることは間違いなく、

コンビニで買い物をするようなわけにはいきません。

しかし、別に離婚をすることは悪いことではありません。

もちろん、色々な不安があるのは当然ですが、

「もうこの人と一緒に暮らすのは苦痛でしかない」と

思い詰めているのであれば、

離婚というものに正面から向き合ってみることも必要です。

 

もちろん、1人で考えても、わからないことが多すぎて、

息が苦しくなるかもしれません。

まずは、信頼できる誰かに相談してみて下さい。

相談する中で自分の考えが整理されていくということもあります。

あの時別れて(別れさせて)おけば良かったんですが・・・

旦那に殴られて実家に子供を連れて逃げ帰った。

すると、しばらくして旦那が実家に謝りに来た。

妻の両親も「○○君も反省しているみたいだから、

もう少し頑張ってみたら」と娘を諭す。

しかし、その後、旦那の所に戻って頑張ったけれども、

もっと、言葉や暴力によるDVがエスカレートして、

最後は着の身着のままで逃げ出す。

相談者の方やそのご両親も

「あのとき別れて(別れさせて)おけばよかったんですけど…」と後悔の念をしめす。

離婚の経緯を聞いていると、よくこういう一幕が出てきます。

 

「可能な限り、結婚生活は続けなければならない」という

暗黙の前提があります。

しかし、結婚を続けるのが正しく、

離婚をするのが間違っているということは絶対にあり得ません。

盛大な結婚式をしたとか、

○○さんの紹介で知り合った等も関係ありません。

客観的な状況判断して、

離婚するか否かの判断をする必要があります。

 

いったんDV等から逃げだした妻が、旦那の元に戻る際の胸中は複雑です。

「反省しているみたいだから…」

「子供のこともあるし…」

「自分(妻)も少しは我慢しないと」等々、

前向きに考えるようにして、婚姻生活を続けようとします。

しかし、過去は水に流し、

何もなかったように婚姻生活を送る、というのは不可能です。

また、DV問題についての根本的な解決がなければ、

家に戻っても事態が好転することはなく、

取り返しのつかないトラブルが起きる可能性もありえます。

 

重要なのは、問題は先送りにせず、

何かあった際は、早期に専門家に相談し、

客観的に現状を分析するということです。

子どもの意見

親「お母さんとお父さん別れてもいい?大丈夫?」

子「うん」

 

・・・このように子どもが答える場合、

子ども達はかなり夫婦仲が悪いことを認知しています。

普通は「うん」とは言いません。

両親揃って仲がいい(喧嘩しない)方がいいに決まってます。

 

中には、「別れてほしくない」という子も当然いるでしょう。

しかし、子どもの意見を聞き入れ、我慢し続けたとしても、

根本的な解決が図られなければ、

婚姻生活は苦痛のままで、何も変わりません。

そして、ついポロッと「あなたのためを思って…」などと弱音が出てしまう。

しかし、これは、子供にはショックです。

そんなことになるぐらいなら、

別れて生き生きと生活してもらった方が、

子供にとってはどれだけいいか分かりません。