・法律相談料

・相談の際に必要なもの

 

 詳細は下記をクリック↓↓↓

 

後藤東京多摩HP

 

↓↓詳細は下記をクリック↓↓

 

  

後藤東京多摩法律事務所

■メインHP■(採用情報等)

http://tokyotama.com/

後藤東京多摩法律事務所

■相続HP■

http://www.tokyotama-lawfirm.com/   

後藤東京多摩法律事務所

■中小企業

 ベンチャー企業支援HP■

http://tokyotama-lawfirm-corp.jimdo.com/

 

TOPICS

暴力・暴言(DV)

法は家庭に介入する

「法は家庭に入らず」「民事不介入」ということで、

家庭の中がブラックボックスや

治外法権特区になっていた時代もありましたが、

今はそうではありません。

 

暴力はそれ自体が犯罪であり、不法行為です。

これは家庭の中でも外でも変わりありません。

「単なる夫婦喧嘩に過ぎない」ということで、

暴力がまかり通るわけがないのです。

 

「夫婦なんだからお互いよく話し合って…」などという言葉は、

一見優しいが、何の解決にもなりません。

どうか一人で抱え込まないで、まずは専門家に相談してみて下さい。

直接加害だけがDVではない

「一切、殴ったりとか手は出していないので、

離婚できないですよね?」という夫。

妻もそう思っているケースが時折ありますが、

そんなことはありません。

 

たとえば、

  ①物にあたる場合

    テーブルをひっくり返したり、食器を壁にぶつけたり、

    ドアを蹴破ったり、携帯電話をへし折ったり、

    衣服を破ったり、車で猛スピードを出したり、等々

    これらは十分DVに該当します。

 

  ②暴言

    とにかく大声で怒鳴り散らす。

    「死ね」「出て行け」「誰のおかげで生活できているんだ」

    「てめえ1人で何もできねえくせに」等々

    内容的にひどい発言、これらも当然DVに該当します。