・法律相談料

・相談の際に必要なもの

 

 詳細は下記をクリック↓↓↓

 

後藤東京多摩HP

 

↓↓詳細は下記をクリック↓↓

 

  

後藤東京多摩法律事務所

■メインHP■(採用情報等)

http://tokyotama.com/

後藤東京多摩法律事務所

■相続HP■

http://www.tokyotama-lawfirm.com/   

後藤東京多摩法律事務所

■中小企業

 ベンチャー企業支援HP■

http://tokyotama-lawfirm-corp.jimdo.com/

 

TOPICS

モラル・ハラスメント

親しき仲にも礼儀あり

生きていると、仕事・人間関係等、いろいろストレスが極限まで溜まることがありますから、

うまく発散しないとやっていけません。

ですが、何でもかんでも妻にぶつけて、癒されたいという一方的な関係を求めていると破綻します。

「夫婦なんだから、遠慮したり、変に気遣いするのはおかしい、かえって不自然だ」

「なんでもぶつけ合ってこそ夫婦だ」

これも一理ありますが、当然ながら限度があります。

 

所謂モラルハラスメントには、

自分は気の向くままに動いてもいいけど、

妻は、常に自分を癒すように行動しなければならない、という考えを持っている夫の

外部への行動表出の総合であると考えています。

モラル・ハラスメント 具体例

いわゆるDVという概念がありますが、

モラル・ハラスメントは、その概念よりも広く、

かつ、婚姻生活を続けられないほどに妻を悩ませるもの一切である、と考えられます。

 

具体的に言うと、

  ①無視

  ②妻のミスをいつまでも責め続ける

  ③食事に一切手を付けないで捨てる

  ④妻の行動管理

  ⑤周囲にミス・欠点を言いふらす

  ⑥ペットを虐待する

等々が当てはまります。

これらは、反復継続性がある等の場合には離婚理由になります。